前へ
次へ

信念が行動を変えるイギリス留学

現在の日本でもグローバル化している社会が増えている傾向があり、何よりも外国語の習得というのはこれからの社会必須となっていると感じます。イギリス留学を考えるとメリットが高いというのは、英語の習得ということだけではなく、結果を左右するのは何を信じていたのかになります。一貫性のあるメッセージを脳に送り続けることで信念に変わりますので、留学というのは難しいことではありません。また信念をもってイギリス留学をするようになると、一つの精神状態を内面的なイメージから行動を変えることに繋がります。例えば消極的な思考をもっている人が、何かのきっかけによってイギリス留学を考えるようになることは、信じることができる自分を見つけることになります。もし両親からイギリス留学を反対されたとしても、行動を支配する内面イメージを高めることによって新しい自分を演出することは可能です。そして反対にもってはいけないのは、イギリス留学は難しいとか両親に反対されたからあきらめるという感情になります。成功できるはずがないという信念を持ってしまうと、自分の行動に対する限界ばかりに目が向くようになり、壁となって挫折を成立させてしまいます。失敗というメッセージを送るのではなく、何があってもやり抜くという信念を固め、反対されているイギリス留学なども絶対に成功させる気持ちを持つことです。これはイギリス留学でオックスフォード大学やケンブリッジ大学を狙っている人にも通じるのは、自分が成功するか失敗すると考えようが、どちらも正しいということです。一番大切なことは正しいことではなく、自分が同いう信念を心に取り込むかどうか、信念を育てるかどうかにあります。イギリスでも最高峰の位置にあるロンドン留学を成功させることは、自分の信念がなせることだと自覚するのは難しいことではありません。そこに気がつけるかどうかは、あなた次第だということをもう一度、進学のための選択肢で考えてみることです。

Page Top