前へ
次へ

イギリス留学ではやはりロンドン留学が中心ですが

東南アジアを旅行して感じることがあります。そこはイギリスとフランスの植民地でした。インドシナ半島を中心として、フランスが占領していた国々がたくさんあります。それらを取り囲むようにしてイギリスが他の国々を占領していました。このような事情で、今の東南アジアを旅行すると、それぞれの国々で使われている英語はクイーンズイングリッシュです。ですから将来東南アジアで活躍しようと思えば、イギリスのクイーンズイングリッシュをマスターしておくことが絶対に必要です。東南アジアを旅行するとすぐにわかることですが、現地の大卒の人達は流暢な英語をしゃべります。その英語は押しなべてクイーンズイングリッシュです。例えば日本語の、しばしば、という意味のオーフンはオフテンと発音されます。クイーンズイングリッシュには、この他に沢山の明確な発音の相違がありますので、最初からイギリス留学を目指すのが賢い方法です。イギリス留学の中でも、その中心はロンドン留学でしょう。ロンドン留学は東京のような都会の中にありますのでとても便利ですが、東京と同じように車の交通量がたくさんありますので、その面では心が休まる暇がありません。ロンドン市街をちょっとだけ離れるだけで豊かな田園風景が広がっています。イギリス留学を決心した人たちでも、クイーンズイングリッシュをマスターできるのはロンドン留学だけではありません。イギリス留学としてロンドン以外の田舎町の有名大学を目指すということも十分に考えられます。ロンドンは大都会ですから生活費がとてもかかります。イギリス留学を安上がりに済ませようと考えれば、ロンドンよりも田舎町です。ロンドン市街を離れているような田舎町で有名な大学を探せば、そこでクイーンズイングリッシュをマスターすることができます。何より嬉しいのがその費用がお安くて済むことではないでしょうか。生活費もロンドンに比べると安いので、そのぶん充実したイギリス留学生活をすることができるということです。イギリス留学をするのであればロンドン留学よりも、ロンドンを離れた地方の大学を目指すのも一つの方法ではないでしょうか。

Page Top